畳のメンテナンス法の一つ|ビルトインガレージは車を愛でるのに丁度いい工事

ビルトインガレージは車を愛でるのに丁度いい工事

畳のメンテナンス法の一つ

畳

新品同様になる

畳は使っていると当然のように傷みが出てきてしまって色あせてしまったり、ゴザの部分にささくれが出来てしまうことがあります。そうなると新しい畳に変えなければいけないのか、と費用を考えてしまうかもしれませんが、畳の状態によっては畳表替えで対応することができます。畳表替えは畳の芯にあたる畳床はそのまま現在の畳のものを使用し、ゴザだけを新しいものに取り換える事です。畳表替えを行うと見た目は新品のようになりますので費用も大きく削減することが可能になります。畳を購入して4年程度でゴザを裏返す裏返し、それから2〜4年ほどで畳表替え、裏返しを行っていない場合には6〜8年ほどを目安に畳表替えを行うようにすると美しい状態を保つことができるようになります。

業者に依頼しよう

畳表替えは部屋の中でそのまま行うというのは難しい作業のため、一度業者に持って帰ってもらい、作業を終えてから再び持ってきてもらうというスタイルがほとんどです。何部屋もの畳表替えを一度に行ってもらうというようなケースでもない限り、ほとんどは朝のうちに引き上げた畳を夕方には持ってきてもらうことができます。しかし、畳の状態によっては畳表替えだけでは対応できないため、新調しなければいけないケースもあります。自分の判断だけで「畳表替えで良い」と決めるのではなく、業者にきちんと見てもらってから決めるようにしましょう。その場合には信頼できる業者を選ぶことが何よりも大事になります。値段だけではなく、口コミなどもチェックして依頼する業者を決めるようにしましょう。